2015年へ向けて

11月も中旬になり、急に冷え込むようになりました。
冬の訪れを空気から感じると、年の瀬、年末年始の準備に、気持ちが向うのでしょうか?
毎年私は、小さな手帳に、自分と家族のネイタルチャート(出生時の星の配置)に対して、この1年間の星の動きがどのように関わるか(アスペクトをとるか)を、記載していきます。これがけっこう楽しいのです。

AstroDiary手帳

「来年はどんな年になるのだろう?」とは、誰でもが思いはせることでしょう。が、占星術を知るものとしては「どんな星のエネルギーが私にやってくるのだろう?」と思うのです。
占星術は”占い”と言われることが多いのですが、「当たるも八卦」的な偶然性の娯楽や神秘主義ではないと、常々感じています。まさに天を移動中の星の動きを眺めること、そしてそれと対照して、世の中や自分自身を観察すること、なのだと思っています。
であれば、「どんな星(エネルギー)がやってくるのか」あらかじめ知っていれば、より楽しく意識的に新しい日々を過していける。もちろん、そんな星の動きやら、そもそも占星術など関わらずとも、楽しく意欲的に素晴らしい人生を生きていくことはできるでしょう。そういう方たちは実際、たくさんいます。
じゃあ、それでも「星の動きを知る意味って何?」と思われるでしょう。私は、それは、「意識的に生きるかどうか」ということだと思います。占星術や星の運行という”自然”のあり方の観察、その”自然(の摂理)”の下で生きる私たちのあり方への、観察。「意識」という観点を持つかどうか、それが、”占い”を娯楽にするか、生きる指針にするかの違いになると思うのです。

前置きが長くなりましたが、このような楽しい日々の過し方を、自分ひとりだけで満喫するのはもったいないので、Astrologyのメニューとして開始しました!→詳細はこちら

ピン!と来ました方は、ぜひお試しください!年内にお申込の場合は、分量が増えてお得になりますよ!
あなただけの新しい1年に向けて。そして、すべての人の頭上に共に運行する、星々たちのエネルギーとシンクロする年へ向けて。

Comments are closed.