久しぶりに自分用にレメディ調合

今日はサロンにいらしたクライアントさんをきっかけに、久しぶりに自分のためにレメディを調合してみました。

Bach Flower Remedy, Healing Herbs Ltd.

Bach Flower Remedy, Healing Herbs Ltd.


少し前から体に現れていたもろもろの不調。その中でも、なかなか改善しない歯の痛み。普段なら、治療後すぐ消えるはずの痛みが、今回は長い。
バッチフラワーレメディのプラクティショナー仲間の方から、ふと「ボディマップは見た?」との言葉をかけられ、ハッとする。自分のこととなると、つい癒しを忘れがち…反省です。
bodymap_20140825_05
バッチフラワーレメディは、体の部位に対応している、という見方があります。今痛い歯の位置、そしてしばらく前からやはりめずらしく長く続いているギックリ腰の位置に対応するレメディを見て、、、やっぱり、、、。ちょうど今、自分が摂るべきだな、と思っていたレメディそのもの。そして、ここ数年来抱えている問題にも対応している。さらに、歯の痛みの部位と、腰の痛みの部位、それぞれに対応するレメディが同じだったりと、やはりエネルギーの世界はシンクロするものです。
というわけで、さっそく調合。摂るとすぐに、じわじわと歯の痛みの奥深いところに響いてきて、少しすると、サーっと痛みが引いていました。もちろん物理的に虫歯もあって治療したところなので、また痛みは出てくるでしょう。ですが、この痛みやそもそも虫歯という不調が今現れているのもまた、私の心や精神状態とリンクしていると云わんばかりです。
体というものは、本当にすごい。直感で感じる以上に、また直感を多忙理由に無視していても、必ず何かメッセージを送ってきます。それはほとんど場合、ドンピシャリ!です。
(体の感覚やその変化については、個人差があることと、フラワーレメディは鎮痛的な医療効果を目的としたものではないことを、記載しておきます)

”AkaSha アストロロジー&ヒーリング”では、バッチフラワーレメディを調合するカウンセリングを行っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です